ISO14001:2015では順守の評価が強化され、9.1.2順守の評価では以下事項が要求事項となっています。

9.1.2順守評価
組織は,次の事項を行わなければならない。
・・・
c) 順守状況に関する知識及び理解を維持する。

また、7.2力量では附属書A7.2では、力量に対し以下の適用例が挙がっています。

7.2力量
b)次を行う人を含む,環境マネジメントシステムに関する責任を割り当てられた人
・・・
5)順守評価を実施する。

このようにISO14001:2015では順守義務に力量を要求していると解釈されます。高い力量をもった専門スタッフが貴社の順守の評価を支援します。

◆こうした組織にお薦め

  • 順守の評価で問題点を発見できない場合。
  • 環境法令の管理担当以外に環境法令に詳しい者がおらず、管理担当が自己評価をしている場合。
  • 内部監査で順守の評価をしているが監査員の力量に限界がある場合。

お問い合わせはこちらまでinfo@pdca.co.jp

お問い合わせフォーム